開催会場

「自分はどのキャンプに参加すればよいのか?」
そんな疑問を持たれている方も少なくないはずです。

例年、コース選択の仕方は、人それぞれですが、選択の仕方は、大きく分けて3つに分かれる傾向があります。

1.今後、伸ばしていきたい分野など、自分にあったコースで選ぶ
2.開催地で選ぶ
3.都合の良い日程で選ぶ

このページでは、サマーキャンプを開催する施設の特徴や会場のおススメポイントを説明させていただきます。

上越妙高

利用施設の最寄り駅は北陸新幹線が乗り入れるJR上越妙高駅で、関東圏からのアクセスが便利になりました。ゴルフ場やスキー場が近隣にあり、自然に囲まれたサッカーグラウンドで集中してトレーニングが出来ます。

伊豆

伊豆のコースのおススメポイントは何と言っても、2、3日目の昼食後にプールに入ることです。猛暑の中でのトレーニングの合間に体をクールダウンできます。食事は、専門の栄養士がアスリートのための食事メニューを用意してくれます。晴れた日には、宿舎から富士山を見ることが出来ます。

岡山佐伯

岡山佐伯の特徴は、たくさんのおいしい食事が出ることです。焼肉やしゃぶしゃぶなど、宿舎側のご配慮でたくさんの量を食べることができます。アスリート向きの体になるには、「食事」が大切です。
加えて、トレーニングを集中して行い、休憩時間は体をしっかり休めば、心も体も大きくなって帰宅することができるでしょう。

御殿場

1996年、クーバーのキャンプはここから始まりました。今年で20年目の開催です。人工芝と天然芝のピッチで午前、午後のトレーニング、人工芝ピッチにはナイター照明があるので夜間はイベントを行う日もあります。快晴の日にはピッチから富士山が一望できます。

広島

広島市街から高速道路を使い車で約1時間の場所で開催します。敷地内に宿舎と天然芝ピッチ、そして体育館があります。晴れの日は天然芝、雨天時や夜間は体育館でトレーニングできます。

兵庫丹波

兵庫丹波は、兵庫県はもちろん、大阪府や京都府、岡山県からのアクセスが良いです。自家用車への送迎をお考えの保護者の皆様にはおススメです。例年、お盆明けの日程で開催し、残暑が厳しい中、トレーニングが行われます。「2学期スタート直後に大事な試合がある」「夏休み終盤にサッカー三昧の刺激を入れたい」という方は、是非、ご参加ください。

まとめ

行きたくなったキャンプ地、施設はありましたか?
施設や場所は違えど、クーバー・コーチングのサマーキャンプで体験する3つのポイントは共通で、「サッカーの集中トレーニング」「友達作り」「親元はなれた独立体験」です。この3つの体験は、日常生活をしている中では味わえません。3つを経験することで人間的な成長を促すことがサマーキャンプの目的です。成長したい皆様のご参加をお待ちしております。

  • FOOTBALL PARK
  • サッカーショップ加茂
  • B&D
  • XEBIO
  • クーバーUCカード割引特典

COERVER COACHING JAPAN Co.,Ltd.
1999-2016 All Rights Reserved.