サマーキャンプ 伊豆会場 最終日総評&ライブフォトギャラリーはこちら

2018.07.27

最終日総評&フォトギャラリーはこちら

コアスキルコース、ヤングスターコースともに最終日は「サマリー」をテーマに行いました。

 

両コースとも、今回の伊豆キャンプでトレーニングした相手守備が整う前に突破することを意識したトレーニング。

よりスピードある状況で動きながら、そして観ながら、素早く正確にテクニックを発揮する場面が多く見られました。

また、初日と比べ攻守の切り替えが早くなり、ゲームの質が一段と向上していました。

 

閉会式では、各イベントの表彰とグループに分かれ各担当コーチより一言づつ選手にメッセージを伝えさせていただきました。

 

この4日間で、新しい仲間と普段とは違う環境で色々なことを経験、そしてチャレンジして、たくさんのことを学ぶことができました。
新しい仲間とすぐに打ち解け、お互い自己主張することや、チームワークの大切さ、真剣勝負の試合でゴールすることの喜び、負けた悔しさから悔し泣きする選手など、短い期間でした充実した4日間でした。

 

サッカーのトレーニング・ゲームを通じて学んだこと同様、様々な気づきや発見があったと思います。
選手達が帰宅されましたら、プレーはもちろんのこと、部屋で過ごした時間、食事のこと、チームメイト、ルームメイトのことなど、色々お話を聞いていただければと思います。

 

コーチ、トレーナー、スタッフ一同、参加いただいた選手たちとスクール、キャンプで再会できることを楽しみにしています。

 

選手のみなさん、ご家族の方々、今回の伊豆キャンプにご参加いただきまして誠にありがとうございました。

3日目総評&フォトギャラリーはこちら

72522時頃から26日練習前まで雨が降り続きました。

朝食後、ピッチに向かうと気温が下がり、吹く風がとても爽やかでした。

 

コアスキルコースは、「フィニッシュ」をテーマにトレーニングしました。

味方を囮にしたフェイントからシュート、味方がシュートを打ちやすいパスを出してシュートなど、様々なバリエーションの形でフィニッシュのトレーニングをしました。

GKが取りにくいコースを狙ってゴールを決めるなど、繰り返し練習したことでキックの精度が向上し、最後のゲームではシュート意識が高く、ミドルシュートを狙う場面が多く見られました。

 

ヤングスターコースは、「方向転換」と「ストップ&スタート」をテーマにトレーニングしました。

ひとつひとつのテクニックのスキルポイントを意識して、相手がどのような状況の時に使うかを理解して実践できていました。

スピードの変化で突破する、ボールを奪われないようにシールディングして方向を変えて相手をかわすなど、随所にテクニックを効果的に発揮できていました。

 

昼食後、日差し降り注ぐ中、二回目のプールで楽しくクールダウン。

 

午後は選手お待ちかねのゲーム大会。

コアスキルコースはシュート対決とゲーム大会。

シュート対決では、2チームに分かれて対戦し、お互いのゴール数を競いました。午前中にトレーニングしたことが活かされ、たくさんゴールが決まり、なかなか勝負がつかず非常に盛り上がりました。
また、仲間の
GKを応援する場面が見られ、チームワークの高まりを感じました。

最後のゲーム大会では積極的にゴールを狙い、守備では体を張ってシュートブロックするなど勝負にこだわる場面が見られました。

 

ヤングスターはチーム対抗ゲーム大会。

まずは1次リーグで順位を決め、さらに2次リーグでは順位ごとのリーグ戦を行って、すべての順位を決めました。
優勝を目指すためにお互い激しい攻防が見られ、
1点差に泣くチームもあり、最後までどこのチームが勝つかわからない試合内容となりました。

また、悔し涙を流す選手たち、勝利の喜びをチームメイトと分かち合う選手たち、味方を励ます声、お互いをサポートするプレーなど、キャンプを通して大きく成長した姿が見られました。

 

ナイターイベントは部屋別対抗のコーチ陣のドリブル競争順位当てゲーム。コーチ陣も集中して、真剣勝負。
イベントの締めくくり、サプライズでコアスキルグループのダンス披露!おみごとでした。

部屋別対抗戦は部屋に戻ってからも続き、片付けコンテストとして最後の最後までポイントゲットを目指しました。

 

早くも明日はキャンプ最終日。
トレーニングの総仕上げです。最後までしっかりと集中してトレーニングに望めるよう指導して参ります。

2日目総評&フォトギャラリーはこちら

キャンプ初日と比べ気温が下がり、ピッチ上に風も吹きサマーキャンプらしい環境でトレーニングに励みました。

 

コアスキルは、「レシーブ&パス」をテーマにトレーニングしました。

大切なポイントとして、「観る」と「正確性」を意識し、相手がいない状況から相手がいる状況へ少しずつ負荷をかけてトレーニングしました。

相手や味方がいる状況では、正確なパスで味方のゴールチャンスを作り、また積極的にドリブルで仕掛けて個人で突破することができていました。

 

ヤングスターは、「1v1」と「フィニッシュ」をテーマにトレーニングしました。

1v1」では、相手ゴール前の状況をイメージして、フェイントをトレーニングしました。
相手との間合い、フェイントのタイミング、フェイント後のスピードアップを意識してプレーできていました。

「フィニッシュ」では、習得したテクニックを発揮して相手をかわし、GKと駆け引きしながら正確なシュートでたくさんゴールできていました。

 

昼食は冷房の効いた室内トレーニング場でグループ毎で食べました。

昼食後は伊豆キャンプ恒例のプール。楽しみながらしっかりとクールダウン。

 

午後のプログラムはコアスキルは、午前中に引き続き「レシーブ&パス」をテーマにトレーニングしました。
午前中とは変わり、「ファーストタッチ」に重点を置き、「タッチの方向」や「強さ」を意識しました。

また、ボールを受ける時の「動き出しのタイミング」にも働きかけ、ボールの出し手と受け手のタイミングを合わせることもトレーニングしました。

そのため、ゲームではお互いの意思疎通ができ、すばらしいコンビネーションプレーからゴールを生み出すことができていました。

 

ヤングスターは、午前中にトレーニングしたことをハイプレッシャーの中で実践できるように「1v1大会」を行いました。

トレーニングしたテクニックだけでなく、アイデアあふれるプレーが多く見られ、子どもたちの創造力と成長にはとても驚かされました。

また、攻撃の場面だけではなく、相手シュートを防ぐために身体を張り、最後まであきらめずに粘り強い守備ができていたことも印象に残りました。

その真剣な子どもたちの表情、眼差し、プレーから「ゴールを奪う」「ボールを奪う」「ゴールを守る」ことが、サッカーにおいてあらためて大切なことであると学ぶことができました。

 

両コースとも選手は大きな歓声を盛り上げながら、真剣に勝負する姿が印象的でした。

 

夕食も疲れを見せず、初日同様絶え間なく会話が続き、賑やかで楽しい雰囲気の中でしっかりと栄養補給ができました。

 

ナイターイベントは、今年のW杯にまつわるクイズとコーチ・トレーナー陣の真剣勝負の順位当てゲームで盛り上がりました。

明日も集中してトレーニングに取り組めるよう指導して参りたいと思います。

1日目総評&フォトギャラリーはこちら

いよいよ今年のサマーキャンプが始まりました!

こちらの伊豆会場では、「ヤングスターコース」と「コアスキルコース」を開催しています。

 

暑さ対策のため、開会式終了後、冷房の効いた屋内練習場でプレクーリングを行いました。

午後のトレーニング開始ということもあり、ピッチ上では強い日差しがやわらぎ、穏やかな風があるなか、選手たちはコーチの話を真剣に聞き、大切なポイントを理解し、集中してトレーニングに取り組んでいました。

 

トレーニング時には細かく休憩と給水タイムを設け、ミストを使って気化熱を利用したクーリングを実施し、トレーニング終了後は、冷房の効いた屋内練習場でストレッチを行い、クールダウンを十分に取りました。

 

初日から選手同士すぐに仲良くなり、最初の食事となるグループ毎の夕食では、元気な声が飛び交い、笑顔があふれていました。

 

明日も選手個々のコンディションを注視し、楽しく集中してトレーニングに励めるよう指導して参ります。

ページトップへ戻る

COERVER COACHING JAPAN Co.,Ltd.
1999-2016 All Rights Reserved.