サッカーについて

  • Q

    ボールを持っているときなかなか周りを見ることができません。
    どうしたら周りを見る余裕を持つことができるようになるでしょうか?

    A

    まずは、ボールを見なくても自由にコントロールできるようになる技術が必要です。
    技術が高ければボールに気を取られる事も少なくなり、余裕を持って相手選手や味方、スペースを見る事ができるようになります。
    両足で速く、正確なコントロールを身につけるために毎日、短時間で構いませんので、ボールを触る習慣をつけるようにしましょう。
    また、ボールが来る前から周りを見て準備をしておくことも大切です。
    ボールが来る前からボールを奪いに来そうな相手選手を見て、把握しておくようにしましょう。
    プロの選手は常に周りを見ているので、余裕をもってプレーできていますね。
    技術を磨くことと、次のプレーのために周囲の状況を知っておくことで余裕を持てると思います。

  • Q

    リフティングが上手になるにはどうしたら良いですか?

    A

    ボールを平らな地面に落とすとまっすぐ上に跳ね返ってきますね。
    リフティングも平らな面を作って当てる事ができればボールはまっすぐ上に跳ね返ってきます。
    この事を意識してリフティングをしてみましょう。
    練習の第一歩としては手に持ったボールを落として、1回蹴ったら手でつかむ事から始めてみましょう。

    (1)胸の前でヒジを伸ばしてボールを持ったら、
    (2)手を離して地面に着く前に足の甲でボールを蹴り、
    (3)上がってきたボールを手でつかみます。

    ポイントはボールを真上に蹴る事です。
    最初に手で持っていた場所でボールをつかむ事ができたら成功です。
    それが簡単にできるようになったら、連続して蹴る回数を2回、3回と増やしていきましょう。
    次はワンバウンドしたボールを真上に蹴ってみましょう。
    何回もできるようになったらノーバウンドでリフティングの練習をしてみましょう。
    少しずつでも毎日やれば必ず上達しますよ。

  • Q

    チームのコーチに「子供の時にいろいろなポジションを経験したほうがいい」と言われます。
    普段、チームではフォワードをやっているのですが、攻撃の練習だけではダメでしょうか?

    A

    自分のポジションの技術を伸ばす事はとても大切ですね。
    しかし、サッカーは攻撃だけでなく、守備の時間もありますので、攻撃と守備、どちらもできる選手が必要とされています。
    また、フォワードの選手がディフェンスの選手を経験しておくと、どのようなパスやドリブル、シュートを行うフォワードの選手が守りにくいのかを気付く事ができるかもしれません。
    チームのコーチにはそのような意図があるのではないでしょうか。

上記以外に質問がある方は、下記に直接お問い合わせください。

スクールに関する質問 TEL又はEmailにて各スクールへ。
キャンプ・グッズに関する質問

お問い合わせフォームへ

アカデミーに関する質問

アカデミーのお問い合わせフォームへ

ページトップへ戻る

COERVER COACHING JAPAN Co.,Ltd.
1999-2016 All Rights Reserved.

adidas
無料スクール体験