ナイジェリアの青少年草の根スポーツ振興の一環としてクーバーのサッカーボールを寄贈

2017.08.04

クーバー・コーチング・ジャパンは、日本国政府が推進するスポーツを通じた国際貢献事業、スポーツ・フォートゥモロー・コンソーシアムの会員となっています。このたび、同コンソーシアムを通じて、同国の青少年草の根スポーツ振興の一環として、スポーツ用品の提供依頼がありました。弊社では、その趣旨に賛同し、弊社サッカースクールにて利用していたサッカーボールを寄贈しました。

スポーツ・フォー・トゥモローコンソーシアムとは
2014年から東京オリンピック・パラリンピック競技大会を開催する2020年までの7年間で開発途上国を始めとする100カ国以上・1000万人以上を対象に、日本国政府が推進するスポーツを通じた国際貢献事業。世界のよりよい未来をめざし、スポーツの価値を伝え、オリンピック・パラリンピック・ムーブメントをあらゆる世代の人々に広げていく取組みです。

過日、ナイジェリア大使館にて贈呈式が行われ、弊社代表取締役社長の石橋が出席してきました。

臨時代理大使のフセイニ公使と弊社 石橋

ナイジェリアの青少年たちは、紙を丸めたようなボールでサッカーをし、屋内で裸足でバスケットボールをしている状況。寄贈する用具は使用品とはいえ、日本で利用されている製品は質が高くよろこばれるそうです。

今年9月、同国クワラ州イロリンにて第3National Youth Gamesが開催されるとのことです。National Youth Gamesとは全国の16歳以下の選手(中学生相当)を対象とした州対抗の全国スポーツ大会で、各々の才能を発見し草の根スポーツを振興する目的として、青年スポーツ省草の根スポーツ振興局が開催する一大イベントです。

昨年開催された第2回大会では予算不足の為に、道具を使う競技、団体競技、特に球技全般が実施されなかったそうです。そして今回、同局代表よりナイジェリアの青少年及び草の根スポーツ振興の為に、日本からのスポーツ用品寄付協力の要請が、ナイジェリアにて農業事業・アニメ事業・スポーツ事業を行う株式会社太陽インダストリーアフリカ様にあったのが、今回、弊社がボールを寄贈することになった経緯です。

日本から寄付されたスポーツ用品は、今年9月のNational Youth Games開催の大会で使用された後はそのまま学校等に寄付され多くの子供たちに利用されるそうです。

情報、スポーツ、移民担当のキベ参事官

同国大使館にてスポーツ関係の担当をされているキベ参事官に、同国の青少年草の根スポーツ振興に対する継続したサポートを約束してきました。

弊社からの寄贈品 クーバー・コーチング オリジナルサッカーボール 3号球:59個、4号球:142個、5号球:23個
ページトップへ戻る

COERVER COACHING JAPAN Co.,Ltd.
1999-2016 All Rights Reserved.